読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤーエンドスペシャルホリデーを実現する ~YES Holiday! Project~

YES Holiday Project! 天皇誕生日、イブ、クリスマスの三日間を「イヤーエンドスペシャルホリデー」にして皆で祝いたい。そのために告知、署名、嘆願活動を開始したいのです。これは宗教問題ではなく日本に根付く良き文化の進展の問題です。必ず、社会に新しい喜び、グッドニュースをもたらします。

柴山昌彦首相補佐官とのFacebookでの対話

今回のイヤーエンドスペシャルホリデーの提案について、私たちの地域の代表でもある首相補佐官柴山昌彦衆議院議員に「ぜひ、地域やお仲間、政府の皆さんでも話題にしてください。」とFacebookを通じてお願いしたところ、「わかりました。ただ、休日は今増やしすぎという声もありますので、少し難しいとは思いますが・・・」と、すぐにお返事をいただきました。

柴山さんは私の住む地域の議員として、地域活動で私の亡くなった父と協力してくださった方であり、私は中道の無党派ですが、柴山さんを地域の代表として、人間として信頼して、地域の同世代のFacebook「友達」として交流しています。

 

それにしても、いくら柴山さんが賛成しても、政府や官僚として駄目出しされたら無理だと感じるかもしれませんが、しかし、あれほど難しいと言われた郵政民営化を成し遂げたのは小泉さんですし、運輸省から駄目出しされても、ヤマト運輸クロネコヤマトの宅急便を実現しました。

イヤーエンドスペシャルホリデーの実現の可能性が無いとは言えません!!!(笑)

 

私たち日本人は、そんなにたくさん休んでいるでしょうか???世界的に見て、日本は祝日が多いと言えるでしょうか?私たちは労働を偶像化しすぎました。働いて働いて働いて、家族や隣人との交流も犠牲にしてでも経済的に成功して潤えば、人生も国家も幸せだと錯覚してしまいました。それは生存の恐怖が人間の善を屈服させて支配してしまったということだと思います。その果てが、ブラック企業の横行だと思います。本当の幸せへの道へ、少し軌道修正が必要ですね。そのためのしるしになれるように呼びかけていきます!

 

この連休を実現すれば、経済が活性化され、家族、隣人、共同体、国際間のきずなが強められ、労働の価値だけでは得られない幸福感を得られるのではないでしょうか?休日が無ければ、家族や隣人へのサービスや消費活動、人間の移動も湧き起らないのですから。

人間のために労働があり、労働のために人間があるのではないはずです。

本当の幸せへの道へ、少し軌道修正しませんか?

 

月額定額制継続支援

スポット支援

camp-fire.jp